• ホーム
  • 感染症であるカンジタ治療について

感染症であるカンジタ治療について

カンジダは女性に多い病気です。
おりものの量が多くなり、ヨーグルト状の白いカスのような半固形物が混ざったおりものが特徴で、陰部が腫れたり強い痒みがあります。
性器に発症することが多いため、性病と誤解されますが性病ではなく、性行為に関係なく発症します。
カンジタは体内に常在している菌で、カンジタ菌が異常増殖して膣内や性器周辺に炎症を起こすものが膣カンジタと呼ばれます。

まれに性器以外の場所で発症することもあり、口の中や皮膚で発症する場合もあります。
男性にもまれに発症することがあり、特に包茎の人の場合は発症率も高く注意が必要です。
男性の症状は性器の違和感や腫れ・痒みなどで、女性のようにはっきりとした症状がないためわかりづらく、知らないうちに性交渉で女性側がうつされてしまうケースも多くあります。
膣カンジタの治療には抗真菌薬が使われます。

エンペシド膣錠を膣の深部に挿入し治療する他、クロトリマゾールが配合された塗り薬なども併用して使われます。
早く治すために病院では、膣内洗浄を行いカンジタ菌やおりものを洗い流す治療も行われます。
エンペシド膣錠やクロトリマゾールを配合した外用薬は市販薬でも販売されおり、軽いものなら自分で治すことも可能です。
カンジタ膣炎は軽いものなら自然治癒で治る場合もありますが、放置したために症状が悪化してしまい慢性化してしまう場合もあるため、病院できちんと診察を受け早めの治療が必要です。

カンジタ膣炎を早く治すためには、薬での治療の他に通気性の良い下着を付けることも大切です。
カンジタ菌はカビの一種のため、蒸れやすい下着だと繁殖力をより強めてしまうためです。
性器を清潔に保つことも大切なのですが、ごしごし洗い過ぎてしまうと逆効果になる場合があります。
膣内には善玉菌と悪玉菌がいて、善玉菌は悪玉菌を殺菌し繁殖を防いでいますが、洗い過ぎると善玉菌まで洗い流してしまうため、バランスが崩れ症状を悪化させてしまいます。

カンジタは免疫力低下によっても感染する

カンジタの感染には免疫力が大きく関わっています。
免疫力が低下すると発症することが多い病気で、仕事や家事・育児などで過労が蓄積されていると発症しやすいと言われています。
身体には善玉菌と悪玉菌がいて良い菌が悪い菌の繁殖を防ぎながらバランスを保っています。

過労やストレスが体内に蓄積されてしまうと菌のバランスが崩れてしまい、悪玉菌の増殖を防ぎきれなくなってしまうことから、カンジタ膣炎にかかりやすい環境を作ってしまいます。
風邪などで抗生物質を投与している場合も注意が必要になります。
抗生物質は体内の悪玉菌を消すと同時に善玉菌の働きも弱くしてしまい、そのため菌のバランスが保てなくなる上に、風邪で免疫力も弱まっているため余計にカンジタ膣炎にかかりやすい環境を作ってしまいます。

予防のためには規則正しい生活が大切で、バランスの良い食事をきちんと取ることや、良質の睡眠をたっぷりとること、血行を良くすることも大切です。
バランスの良いと食事と睡眠は免疫力を高め、抵抗力もアップさせます。
カンジタ膣炎を予防するためには、ヨーグルトや納豆・キムチなど乳酸菌を多く含んだ食品が適しています。
大腸にはカンジタ菌が寄生しているため、便秘によって悪玉菌が増殖します。
腸内環境を整えることは予防にも大きく関わってきます。

糖尿病の人は普通の人よりカンジタ膣炎にかかりやすいと言われていて、血糖値が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、糖尿病は免疫力も低下してしまう病気のため、特に注意が必要です。
甘い物や炭水化物の取り過ぎ・スナック菓子の食べ過ぎなども血糖値が高くなる原因となり、免疫力を下げてしまうことに繋がります。
日頃のちよっとした心がけがカンジタ膣炎の予防にもなります。